ストレスを感じる女性

「ストレス解消」をするために休日はある

ここまでで、「ストレッサー」⇒「ストレス」⇒「ストレス反応」⇒「危険回避」と言うことを説明しました。

それは、「痛み」に似ていて、「身体への過剰刺激(怪我、圧迫など)」⇒「痛み」⇒「休息(治癒行為)」⇒「危険解除」でした。つまり、危険が去ればこの連鎖は消えることが正常な身体、健康体と言うことです。

ところが、最後の「危険」が終わっても、ストレス反応(痛み)が消えないことがあります。これが、いわゆる社会で一般的に言われている「ストレス」です。「ストレスが溜まってきている。」ともいいますね。

ストレスを感じる女性

そこで、この状態を消去するために、週末、休日が設けられているのです。休日に社会構成員としての私たちのすべきことは、更なるストレスの蓄積行為ではなく、「ストレス解消」なのです。

多くのストレスは、別のストレスに変更することにより、元のストレスの蓄積状態から脱出することができます。新たなストレスは、さらに別のストレスに変更し、これを順送りに続ければ、健康的な生活を送ることができます。

なぜなら、前述どおり、ストレスは「悪」ではないからです。消えないから問題であって、それが消えて別のストレス反応が起こればそれでいいわけです。

休日のスポーツは「物理的ストレッサー」です。このストレッサーには、「筋肉痛」や「筋肉疲労」といったストレス反応が起こるでしょう。
しかし、この別のストレスにより、「心理的ストレッサー」によるストレスは解消されるということです。「休日に英気を養う。」とはまさにこのことを言います。

ところが、個人的な用事を済ませることも社会人である以上、休日に行なう行動です。その中には、特別養護老人ホームに入所している父母への面会や、
自宅での介護を配偶者と交代し、その配偶者に休息を与えること。また、人ごみの遊園地など家族サービスの営みもあるでしょう。

それらの個人的、家庭的な用事が勤務中と同じ「心理的ストレッサー」ではない形で行われるなら問題ないのですが、残念ながら、多くの場合、同じストレッサーであるケースの方が多いようです。

現代社会の雰囲気、構造、仕組みが昔とは違っているので、その傾向は増すばかりです。

このような休日を過ごして、ウイークデーに入ると、「心理的ストレッサー」から開放されることなく、日々が流れることになるでしょう。

「ポキン」と折れる危険が高まる傾向にあるのが、現代社会と言えます。

現在、生涯中にうつ病に罹患するであろう人数は7人に1人と考えられています。