悩まされる

「ストレッサー」がストレスを引き起こしている

身体にある内分泌器官でホルモンが分泌されますが、特に、脳内では「脳下垂体」が分泌するホルモンと「視床下部」が分泌するホルモンがあります。また、脳下垂体ホルモンは視床下部の制御も受けます。

脳下垂体は、脊椎動物の脊椎脳側先端にあって、脳にぶら下がったように接触、結合しています。
ここで分泌されるホルモンは9種類が分かっており、その役目も知られています。生命活動に直結した作用を司るホルモンが多いのが特徴です。生殖や成長などが関連しています。

視床下部で分泌されるホルモンは8種類が知られており、同様に作用も分かっています。ここで分泌されるホルモンは、行動、活動に関連するホルモンであることが特徴です。
また、脳下垂体ホルモンを調節するホルモンも含まれます。したがって、精神衛生上の問題となる原因は「視床下部」もしくは、「視床下部分泌ホルモン」に多いことが言えます。

「長時間、あるいは、強いストレスを受け、身体に疾患を呈した。」これはこれで、
十分通じる話し方ですが、正確には、「ストレッサーにより(を受け)ストレスが溜まり疾患を呈した。」が正しいです。

悩まされる

人工移動体や建造物などに故障、損傷があったとき、「金属疲労による劣化が原因」と言われることがよくあります。
この場合、長期間の振動が金属分子結合を緩め、分離に至ったと言うことです。

ここで、「振動」がストレッサーで、「金属分子結合の緩み」がストレスです。
この現象は、ストレスを物質機械に例え話として説明しているのではなく、ストレスの本質を説明しています。
私たちが悩むストレスは、その一部としての「生体ストレス」を言います。

物理機械学範疇のストレスと生体ストレスとの大きな違いは、「ストレス反応」があるかないかです。生体ストレスにはストレス反応があります。
物理機械学でのストレスでは、しばしば、「応力」をストレス反応とすることがありますが、誤りです。
物質が化学反応等、何らかの反応で「戻ろう」としているのではなく、単なる「弾性」による応力だからです。
化学反応は、さらにエネルギーを添加せねば「還元(元に戻る)」は起こりません。

生体ストレスのうち、「人」だけを取り上げます。

人にとってのストレッサーは4つに分類されています。

① 物理的ストレッサー
② 化学的ストレッサー
③ 生物的ストレッサー
④ 社会的ストレッサー(心理的ストレッサー)

です。

健康体であれば、ストレッサーに対し、可逆的ストレス反応が起こり、元に戻れます。